Blog










クリスマスはキリストの誕生を祝う日、お釈迦様の誕生日どうした?

メリークリスマス。
めでたい。
なにが?
よくわからないけどめでたい気分になる、クリスマス。
街が盛り上がっているから盛り上がっちゃう不思議な日、クリスマス。
なぜか独り身だと無駄に寂しく感じさせる日、クリスマス。
そのときだけもと、妥協してお付き合いさせたデート代で経済を回す燃料とするクリスマス。
単なるチョコ好きなのにチョコを買うのがちょっと恥ずかしくなるバレンタインより罪。
いやそもそもイエス・キリストの誕生を祝う日なはず。
まさか、現代の多くの独り身を無駄に寂しく感じさせているとはキリストも思うまい。
ちなみに誕生日ではないらしい。
誕生日はよくわからないから、誕生を祝う日らしい。

ちなみにメリークリスマスの「メリー」ってなに?!
Marry って「陽気な・愉快な・楽しい・浮かれた」なんて意味があるらしく、
Christmasは「Christ(キリスト)」+「mas(ミサ・礼拝・祭礼)」をあわせた言葉らしい。
陽気なキリスト祭礼、いまどきに言うなら、
ロッキン キリスト爆誕フェス
みたいなものでしょうか。
1年に1度のクリスマス。キリストの誕生を祝う日。
日頃、たいしてキリストを崇めるわけでもないのに、
ここまで日本ですら国民の多くが盛り上がるってすごいですよね、キリスト。
キリスト教信者でなくても、美味しいご飯を食したり、プレゼントを貰ったり、
それだけでもキリストに感謝。
サンキューキリスト。
ダイエット中に食べるピザ、美味しかった。よい言い訳が出来た。
ダイエットだって、さすがに神には逆らえない。

企業はもっと感謝した方が良いでしょう。
このコロナ禍、非常に経済が厳しい中で販売機会を作ってくれていた神様、キリスト。
企業はキリストにキリストのブランド使用料をお支払いしたらどうでしょう。
マライア・キャリーも例の曲で毎年印税が3000万ドル入るらしいのですが
一部還元されているのでしょうか?
ああ、クリスマスソングという不労所得を得たい。

これだけ盛り上がるキリストの誕生を祝う日、お釈迦様どうした。
仏教の神様、お釈迦様の誕生日は4月8日ですって。
ググらないとわからないレベル。
勝手に名付けて、RISING SUN OSHAKA FES
ターンテーブルと木魚が目に浮かぶ。
それにしてもキリストの誕生日が宗教問わず盛り上がる中、
お釈迦様の誕生日って あんまり盛り上がらないですね。
イベント的には、少なくともバレンタインより盛り上がっても良さそうなものですが。
いや、せめて、せめて新興イベント、ハロウィンくらいには勝ちたいものです。
ハロウィンといったら、もともとは先祖の霊のお迎えと悪い精霊や魔女の魔除けのイベント。
いや、日本人ならお盆でお迎えしなさいよ。
8月中旬で帰ってきて、また10月末に帰ってきて、先祖も忙しいわ。
ハロウィンではついでに悪霊もやってくるなら、悪霊と戦うこちらとしてはお盆だけにしてほしいわ。
そもそも先祖も力を合わせて悪霊と戦ってほしいし、地獄の管理体制どうなってんだと、
「私が知らない中で行われたが、道義的責任を痛感」とか言っちゃうんだろうな。

ワタクシが死ぬ頃には、先祖の霊もお盆派とハロウィン派と分かれるのでしょうか。
「あれ?お前、帰らないの?お盆なのに?」
「あ、オレ?お盆暑いじゃん?だからハロウィン派」
みたいな天国での会話、するのかな。
ま、ワタクシはへそが曲がってますからね。
死んだら4月4日に帰りますわ、
復活祭にね。

じゃ、独り身の方もパートナーや家族がいる方も、
メリーな一日になりますように。
ハッピーバースデー、キリスト。

あ、まだまだ「馬との前撮り」のサンプルモデル募集してございます。どしどしご応募ください。

芦毛のクリスマス2021