Blog






残念ながら天使にはなれなかった上に傷ついた話

つい先日から腕と背中が痺れて痛む。
運がよく、痛いのは右手なのでイラストを左手で描くのは問題がない。
それにしても痛い。
そうか、とうとう翼が生えてくるのか。
人の肉体から何かが生えてくるのではないかってくらい痛い。
レッドブルを飲んだ記憶はないが、授けられるのであれば断る理由もない。
ただ、ネットで調べると腕の痺れは脳に問題がある場合も…とあったので
病院に行ってみた。

「ストレートネックね」、レントゲンを見ながら先生は言った。
残念ながら翼が生えてくるのではないらしい。
しかしながら脳が悪いわけでないのは安心した。
みなさまは、「イラストを描くんですものね、職業病ですよね」
みたいに言うかと思いますが、イラストはペンタブレットを使って描くので
下は向かず目の前のモニター(しかも台に乗せているので目線の高さ)に向かって描いているのです。
最近はスマホもほとんど観てないし、おかしい…

「ストレートって言うか、もう反り返りそうね」、先生は追い打ちをかける。
わしゃ妖怪か。

「あと、この5の骨、少し変形して尖ってきてるわね」と先生。
「?原因はなんですか?」と馬面。
「頭が大きいから」先生の口からテポドン級の言葉が飛び出した。
先生、それは自己認識しております…。
「あ、みんな同じよ」
先生、言い直さなくてイイ…
先生、言うなら
「頭は大きいから」
でしょう。
日本語とは難しいものです。

痛みを取りに来たのに
心に痛みをさらに感じてどうするの…。
早急に処方箋をください、身体の痛みと心の痛みの…

薬をいただけるだけいただいて帰ってきた。
さっそく薬を飲むが即効性があるわけではないので
今も痛い。
これからだましだまし生きてくのであろうか。
これが老化かと、年をとったなと感じた一日でした。

ただ1点だけ良かったなと思ったのは
筋トレは別にやって良いということ。
この半年以上取り組み続けてきたことが止まらず良かった。
筋トレのやりすぎだというなんの根拠もないアドバイスを多数の方からいただきましたが
他人のアドバイスはたいして信用ならないという再認識をいたしました。

さて、そういえば先日お伝えしました「馬との前撮りサンプルモデル募集」の件。
さっそく多くの方からご応募いただいております。本当にありがとうございます。
選考にはすこしお時間をかけさせていただきたく、みなさまには今しばらくお待ちいただければと思います。
まだまだ募集しておりますのでどうぞよろしくおねがいいたします。

ちなみにパソコンのマウスは右手なので地味に痛みを感じながらこのブログを書きました。
もう一本、腕生えてこないかな?

ショーゴ