スタークダバノン

11

どうも。

ごきげんよう。

カルロスです。

いま、カルロス・ゴーンの記者会見を横目で見ながらこの記事を書いています。

内容については、詳しくないのでなんとも言えませんが、

ただ、言えるのは、なにかしらを達成する人は、達成するためにはなりふり構わず、突き進むのだと。

清掃員の変装、楽器の箱に入る…手段を選ばず突き進むことも大事なのだなあと思い、自分にそれがあるのかと自問自答しております。

さて、今日、新しいイラストを公開しました。

スタークダバノンのイラストです。

実は昨晩に公開していたのですが、イラストに記載した文字が

「スタークドノバン」になっておりました^^;

それに気づきまして、すぐに朝イチで修正しまして

「スタークダノバン」と….

いや「ダバノン」でした

サートゥルナーリアもデビュー当時は、

サートゥルリアーナ、とか間違えていたので

そのうちに慣れることでしょう。

このスタークダバノンは父、オルフェーヴル

そして母、ファーストバイオリン

そう、兄は偉大な「サウンズオブアース」。

最強の2勝馬と呼ばれたサウンズオブアース。

勝ったのは新馬戦と500万下「はなみずき賞」だけなのに

獲得賞金が4億6,744万円のサウンズオブアース。

そんな偉大なる彼の弟、スタークダバノン。

サウンズオブアース以来、なかなか成績の出ないファーストバイオリンの産駒たちですが、ここでどうにか花咲きたいとことですね。

担当するのは、ラッキーライラックを担当している丸内さんです。

心強い味方です。

まだデビューは先のようですが、

2020年注目したい一頭です。

スタークダノ…

スタークダバノン。

スタークダバノン
スタークダバノン

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。